富田文隆 Fumitaka TOMITA (木工造形作家)

1953 群馬県伊勢崎市に生まれる。家具の神様と言われる「カール・マルムステン」の工芸 学校(スウェーデン)にて家具製作を学ぶ。1988年より個展多数開催。 東京六本木『サヴォア・ビーブル』、東京銀座『ギャラリー・アートポイント』、東京九段南 『靖雅堂 夏目美術店』、京都大丸美術画廊、前橋市『阿久津画廊』、WILDENSTEIN TOKYO ウイルデンスタイン東京、群馬県立近代美術館等。グループ展では、高崎市美術館、東京国立近代美術館工芸館、アーツ前橋、京都の寺院(御寺泉涌寺、清水寺、高台寺/圓徳院、東本願寺渉成園)、鎌倉の寺院(建長寺、浄智寺、円覚寺/龍隠庵)等。1991年第11回上毛芸術奨励賞受賞、1999年 日本テレビ『美の世界』・2015年テレビ東京「クロスロード」出演、2013年よりNOBUホテル・シーザースパレスに常設展示。その他、国内外のラグジュアリー ホテルや、世界に展開する高級和食レストラン等の家具を多数手がけている。