三島喜美代 Kimiyo   MISHIMA   (現代美術作家)

1932年大阪生まれ。1986年ー87年ロックフェラー財団(ACC)によりアメリカ・ニューヨークに留学。50年代から絵画を制作しはじめる。69年から、大量の情報に埋没する恐怖感や不安感を表現するために、陶で作った割れる印刷物を手掛けた。無用になった情報というものがゴミになってしまうことに着目して、廃棄された新聞やチラシ広告、マンガ雑誌、産業廃棄物の数々を陶で大きく拡大したり大量に作った作品を制作している。国内外で高い評価を得て作品は主要な美術館に収蔵されている。現在も活躍中。

ShunyaArai for VOGUE JAPAN



                                                                                                                                                            ©️Kimiyo Mishima